艶つや習慣プラス 首イボ液体窒素 首イボ液体窒素回数 首イボ液体窒素痛み

首イボには液体窒素?どんな痛み?通院の回数は?

 

 

首周りの粒状のポツポツした突起。

 

それは「老人性イボ」

 

首イボと呼ばれるイボの一種です。

 

 

首イボを医療機関で除去する方法として、
液体窒素を使う施術があります。

 

 

首イボ治療で一般的ともいわれる
「液体窒素」での施術とはどんなものなでしょうか?

 

 

液体窒素での治療方法、
通院回数、痛み、費用などをご紹介したいと思います。

 

 

 

液体窒素を使った首イボ治療法!

 

 

首イボ治療に
「液体窒素」一般的に使われる施術方法です。

 

 

凍結療法ともいわれ、
液体窒素(マイナス196℃)に浸した綿棒を患部に押し当て、

 

 

超低温で凍結させ、壊死させるという治療法です。

 

 

低温火傷を起こした状態にし、
壊死させた患部がかさぶたのように剥がれていきます。

 

 

壊死と再生という原理を使用した、
昔からイボの除去におこなっている治療方法です。

 

 

 

首イボ液体窒素治療の回数はどのくらい?

 

 

液体窒素の治療法とは、
低温火傷を起こさせ、かさぶたなった患部を除去するというものですので、

 

 

大きさや部位によっても通院回数が変わってきます。

 

 

小さなものなら、
一回の治療で除去できる場合もあります。

 

 

施術は一回でも、
治るまでには2週間ほどの期間がかかります。

 

なぜなら、かさぶたになるまで肌の再生を待つからです。

 

 

また、数が多い場合は、
一回の施術で全部の患部に液体窒素をあて、

 

低温火傷させるのは危険なので、
何回かの通院で治療することになります。

 

 

一週間ほどで次第にかさぶたに変化し、
二週間を目安にかさぶたが取れるのを待つことになります。

 

 

 

首イボ液体窒素治療の痛みはあるの?

 

 

液体窒素の治療のデメリットとして、
あげられる一つが痛みを伴うということです。

 

 

意図的に低温火傷をおこすので、痛みは致し方無いと言えます。

 

 

ただし、治療する部位によっても、
痛みの程度は変わってきます。

 

 

これは、部位によって治療の強さをコントロールするためです。

 

 

比較的、顔や首などは痛みが少ない部位と言われていますが、
その程度は治療にあたる医師の技術にも左右されるとも言えます。

 

 

 

首イボ液体窒素治療の費用はどのくらい?

 

 

液体窒素治療のメリットのひとつが治療費にあります。

 

 

医療機関での首イボ除去方法にはいくつかありますが、
他の治療法に比べると安価だといえます。

 

 

治療費は大きなイボでも1つ大体400円〜500円。

 

医療保険が適用されるので、
多くできてしまったイボとりにはメリットです。

 

 

他の治療法では1つ1000円〜2000円程度で
保険適用外で全額自己負担という治療法もあります。

 

数が多い場合は高額になる可能性があります。

 

 

 

さまざまな首イボ治療法!!

 

 

首イボ治療の方法として、
液体窒素治療をご紹介しました。

 

 

首イボ治療には、レーザー治療や医療ハサミでの切除、
内服液、市販品スキンケアなど方法はたくさんあります。

 

 

基本的に、医療機関での治療は
現存するイボを取ることに目的が置かれています。

 

 

首イボの原因は、紫外線と加齢による
肌代謝機能の低下にあるので、
イボを取った後も再発の恐れがあるわけです。

 

 

内服液やイボとり効果スキンケア商品は、
根本的な代謝機能の促進などに効果があるものが多くあります。

 

 

首イボ治療は、液体窒素治療だけではありません。

 

 

選択肢はいくつもありますので、
ご自分に合ったものを選ぶことが大切ですね。

 

     

 

コスメで首イボを取るならコチラ!