艶つや習慣プラス 首周りイボ知恵袋

このポツポツなんですか?首イボのこと知恵袋に聞いてみた。

 

 

 

ネックレスに何かが引っかかるの感じて、
触ってみるとポツポツとしたものがあります。

 

ざらついた小さな突起がいくつもあることに気がつきました。

 

 

鏡で見ると、首の付け根あたりに、
1o程度のポツとしたイボのようなものがいくつもありました。

 

 

この辺りを注意して見ることがなかったので、
いつからあるのかもわかりませんでした。

 

 

見つけてしまうと、かなり気になりますし、
恥ずかしさもあって首が隠れる服を選んでいました。

 

 

しかし、首が隠れる服を着ていると
摩擦で引っかかるのもわかり、
気にして触ることが多くなってきてしまいました。

 

 

増えてきているのもわかり、悩みは深刻になっていきました。

 

 

 

よく知恵袋でQ&Aを使用する私は、
いつも通り「首周りイボ」について悩みを書きこみました。

 

 

その答えは、かなりショックが大きいものでした・・・

 

 

 

 

首周りイボの知恵袋の答え

 

 

知恵袋からのアンサーは、「老人性イボ」ですね。

 

え?老人性… 私はまだ30代前半なんですけど…「老人性イボ」

 

 

リンクの貼られたページを読んで、
さらにショックを受けました。

 

原因は老化…

 

知恵袋での質問に対しての答えはほとんどが
「老人性イボ」加齢によってできるイボでした。

 

 

検索窓に

 

「首周りポツポツ」
「首周りイボ」

 

と入力する日々がはじまりました。

 

 

 

調べていくと、原因や治療法、
注意点などたくさんの記事がありました。

 

 

イボの種類やさまざまな治療法、
悩まれている方の多さに少し気が楽になりつつ、

 

自分にあった首周りイボケアを見つけることに、
少し楽しさも感じたのも確かです。

 

 

私の体験談として、
首周りイボについて書きたいと思います。

 

 

同じお悩みをお持ちの方に少しでも役に立てたらと思います。

 

 

 

 

首イボとは、一体なんぞや!?

 

 

イボには原因によって大きく二つの種類がありました。

 

 

「ウイルス性イボ」と「老人性イボ」です。

 

 

一般的にイボと呼ばれ、
多種なイボは「ウイルス性イボ」のようです。

 

 

「ウイルス性イボ」の原因は、
ウイルス感染によるものなので、う
つる可能性のある悪性腫瘍の分類になります。

 

 

「老人性イボ」の原因は、
紫外線と加齢による肌代謝機能の低下です。

 

 

身体に害のない良性腫瘍。人にうつることもありません。

 

 

資料記事を読みあさりながら悲しい気持ちになったのは、

 

「老人性イボ」は無害だが見た目に気持ち悪いという文言が必ず入ることでした。

 

 

ぜったい治したいと思いますよね。

 

 

イボは、できた部位や形状、
色などから種類も病名も変わります。

 

 

私の場合は

 

「老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)」
「老人性イボ」

 

で間違いなかったようです。

 

 

知恵袋の言う通りでしたね。

 

 

 

首イボの治し方はどれがオススメ?

 

 

老人性イボの治し方も大きく二つに分かれています。

 

・医療機関での切除手術

 

・自宅での市販品でのスキンケア

 

 

この二つに大別できると思います。

 

 

 

私が選んだのは、
自分でスキンケア商品を使用してのイボとり効果+エイジングケアです。

 

 

医療機関を選ばなかったのは、
通院やコスト面、痛みや切除後の
アフターケアなど考えると踏み出せなかったからです。

 

 

「老人性イボ」の原因は悲しいかな、
代謝機能の低下・・・つまり老化です。

 

 

できてしまったイボを切除しても、
肌の再生機能を促進して、
若さを取り戻すことしか根本治療にならないと感じたからです。

 

 

 

イボとり効果を前面に出した
スキンケア商品がたくさん販売されていることを知り、

 

自宅でのスキンケアを怠らないことで、
イボとも「さよなら」することにしました。

 

 

私が使用したイボとり効果スキンケア商品は
美容成分も含まれていたので、肌全体に艶やハリも戻ってきました。

 

 

使用して3ヵ月程度でイボも取れ始め、
ざらざらだった首周りもさらさらになりました。

 

 

選択肢はたくさんあります。

 

ご自分にあった処置方法で必ずとれますよ、この首イボ!

 

     

 

コスメで首イボケアするならコチラ!